医師転職サイトを比較!

医師の転職は転職エージェントの利用が効率的!!

医師が転職する理由は人それぞれあります。「年収アップ!」や「スキルアップ!」といった転職理由の方が多いのではないでしょうか。いざ転職活動するとなると、忙しくて思うようにできない、条件に合う求人が中々見つからない、など色々と大変だと思います。そこでお薦めするのが、医師専門の転職サイトです。

医師転職サイトは、ヒアリングや相談を通じて、アナタの強みなどを分析してくれたり、条件に合った求人の紹介、転職をフルサポートしてくれる便利なサービスです。《医師転職サイト比較》では、そんな医師転職サイトを比較し、ランキングでご紹介しています。費用は掛からず、すぐに登録できるサイトをご紹介していますので、ぜひご利用ください。その他にも当サイトでは、転職関連のコンテンツも充実していますので、転職をお考えの医師は是非ご覧ください。

2015年最新のランキングで1位を獲得中の【医師転職ドットコム】東証一部上場の企業が運営する人気の医師転職サイトです。満足度も高く、忙しい医師の方でも、コンサルタントが都合のいい場所・時間に合わせて出張してくれるので便利です。無料サービスですので、ぜひ登録されてみてください。

医師転職エージェント人気サイトランキング

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



<<当サイトがお勧めするポイント>>
安心・安全の東証一部上場企業が運営。プライバシーマーク取得企業。
求人掲載数No.1の28,000件。高年収・役職付きの非公開求人数1万件以上。
平均年収アップ率が脅威の「146.6%」。約1.5倍の年収アップが望める
・転職した医師の満足度94.7%。サービス・求人の質・共に納得された証拠。
・医師の都合のいい場所・時間に合わせてコンサルタントの出張対応が可能。
・給与・役職・勤務条件などの言いにくい条件はコンサルタントの代理交渉。
・コンサルタント1人当たりの担当数を制限し1営業日以内のスピード対応。
・求人票には載らない職場の人間関係・経営方針・職場環境まで伝えます。

医師転職ドットコム
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



<<当サイトがお勧めするポイント>>
「リクルートグループ」がサイト運営。グループ全体で100万人以上の転職支援。
・年収アップ希望・残業無、穏やかな勤務希望・育児休業から復帰と様々な要望に対応。
面倒な条件交渉の代行依頼可能。プロのコンサルタントに任せるだけで条件アップ。
・今すぐの転職希望でなくてもOK。情報収集だけが目的での申し込みでも大歓迎。
・選任のキャリアアドバイザーが、医師それぞれのキャリア・専門に合わせて情報収集。
・面接時にはアドバイザーが面接同行。納得のいく転職先探しを徹底的にバックアップ。
1分で簡単登録。記入必須項目はたった9項目。登録は気軽に、サポートは手厚く。
・医師転職を支援して実績30年。その豊富な経験・実績を活かした満足のいく転職活動。

リクルートドクターズキャリア
第3位

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの詳細説明



<<当サイトがお勧めするポイント>>
・驚きの「医師会員数20万人」。会員数が多い為、転職医師相談件数も業界N0.1。
首都圏・関西・東海地方だけで求人数15,000件。密度が濃い分、優良求人多し。
運営会社はソニーグループと言う最大手。安心・安全な転職活動が可能。
・登録作業1分、8項目のみ。氏名・出生年など記載に時間のかからないものばかり。
・サイト内求人検索も単純明快。地域・診療科目・施設区分などを選ぶだけ。
・非公開求人約2700件。会員登録した医師にしか伝えられない秘密の求人多数あり。
・医師転職成功事例集の記載あり。率直な意見をそのまま載せるのは自信の表れ。
・登録前でも疑問点などがあれば、フリーダイヤルにて直接問い合わせが可能。

エムスリーキャリア
第4位

MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



<<当サイトがお勧めするポイント>>
・サイト内に様々なコンテンツあり。ただの求人・転職サイトでは終わらせない工夫。
全国14箇所に拠点。それぞれに専属のコンサルタントが存在し、フットワークが軽い。
・サイト内求人情報が分かりやすくカテゴリー分けされており、操作に迷う事がない。
・医師の働き方事例の記載あり。病院以外にも介護老人保健施設などをサイト内で提示。
・新着求人情報が常に更新されている。常勤・非常勤に関わらず、多くの新着求人を記載。
・インフォメーションで過去のサイト更新情報が一目瞭然。求人以外にも様々な情報更新。
Q&Aにて、医師の方々からのよくある質問・相談事項の回答を提示。分かりやすい。
転職のノウハウ記載もあり。それを読んで、初めての転職活動でもスムーズに展開。

MCドクターズネット
第5位

JMC 医師キャリアナビ

JMC 医師キャリアナビ



<<当サイトがお勧めするポイント>>
・経験豊富なベテランのエージェントが専属であなたの転職を全サポートしてくれます!
・独自データによる適正年収を診断してくれます!その診断結果と希望に合った求人を紹介!
・JMCでは厳選された求人情報のみをご紹介!人気の求人はすぐに埋まるのでお早めに!
・面接や書類作成などの準備もサポートしてくれます。初めて転職する方も安心です!

JMC 医師キャリアナビ

医師転職サイト利用のすゝめ

医師の転職は、他の職業と比べるとやや特殊な面があります。専門性の高い仕事ですし、医療関係の仕事の中でも重い責任があります。実際に職場を変えようと考える医師を見てみると、理由としては職場環境が挙げられています。一般的なイメージとしてもそうですが、医者という仕事は激務であることが多く、どのような病院に務めるか、どのような科を専門にするかによっても変わってはきますが、医者の数は全体として不足気味なので、どこでも忙しいという状況です。中でも、手術をよくこなす職場や急性期病床の担当となると、「過労」と呼ばれる状態になっている方も多くいます。仕事を続ける以前に体がもたないということもあるので、職場を変えようと考える医者は多くなっているのです。

もちろん、特殊な技能をもっているということで、収入を始めとした待遇の面では優遇されていることも確かですが、労働環境や健康はお金では買えません。いくらお金をもらっていても、仕事が自分に合っていないと良い環境とは言えないでしょう。そのような時に役立つのが転職サイトです。転職サイトは、一般的な求人サイトのようなものから、エージェントがいて個別に相談にのってくれるところまで様々あります。医者が転職をするとなれば、医者専門の求人を扱っている転職サイトが一番でしょう。その上で、現在の職場と自分が希望する職場について考え、エージェントに相談をするのがおすすめの方法です。

転職をする際に考えておくべきなのは、いつ相談するかです。エージェントへの相談については、かなり早い段階から初めてもいいでしょう。長い時間かけて話し合いをしていった方が、希望の職場が見つかりやすいからです。一方で、勤務先への相談もあります。ここでやってはいけないのは、ぎりぎりまで相談しないことです。医療現場は特にそうですが、人材が急に不足すると、職場に大きな迷惑がかかってしまいます。特に医師は、医療の現場のリーダーであり、責任者でもあるので、その責任は大きいです。そんな人材が急に辞めるとかなり迷惑をかけてしまいます。一方で、相談をしようか迷いながらも、なかなか話しにくくて、結局その職場で働き続けてしまう人もいます。この場合は、転職サイトやエージェントに相談をするといいでしょう。マナーを守って、職場に迷惑がかからないような転職の方法をアドバイスしてもらえます。

転職については、何度も繰り返したり、たった数ヶ月や1年で最初の職場を離れるのはおすすめできません。余程の事情が無い限り、基礎の経験をしっかり積んでからにしましょう。